Twise Labo Inc.
SNMP and Network Mannagement Solution Provider..
メニュー
トップページ
ダウンロード
TWSNMP

組み込みLinux ダウンロード

TwRw Ver2.2(2009/9/13更新) free DownLoad
TWISE LABO. オリジナルのRAWRITE Windows版です。
フロッピーディスク及びコンパクトフラッシュに対応しています。
Windows 2000,XP,Vista対応です。Windows9x系のOSでは動作しません。
現在v2.2です。間違ったディスクに書き込まないように、自己責任でご利用ください。
今回バージョンで、Vista対応、速度アップ、残り時間表示の最適化です。(2009.9.13版)
Vistaの場合、FAT,NTFSなどでフォーマットされたCFは、書き込み時にエラーCode=5になります。パーテションを削除してから使用下さい。
簡単な使用方法は、。ここからダウンロードしてください。形式はPDFです。
Ver 1.1(古いバージョン)は、。 ここからダウンロードしてください。
※サポートに関しては、その他相談室掲示板で行っております。
  その他の方法での無償サポートは行っておりません。
  この条件でお使いになる場合、フリーウェアとして提供しております。

ファイルは、MSI形式になっています。ダウンロード後、実行してください。
最新のWindows Installerをインストールした環境でのみインストール可能です。

Linuxをコンパクトフラッシュへインストールする方法(2004/11/19改訂) DownLoad
Linuxをコンパクトフラッシュへインストールする方法についての解説資料です。
Debian 3.1以上や、RedHat 7.3以上のLinuxでKernel 2.4のUSB対応のものを使えば、
カーネルの更新は、必要ありません。(時間ができればm資料を更新します。)
基本的には、この下にあるICOP社製ボード用のLinuxインストールイメージファイルからCFを
作成する方法について記述したものですが、他のボードにも応用できると思います。
ICOP社製ボードの購入は、ICOP社へお問い合わせください。
尚、このボード上でLinuxを動作させる方法は、弊社が独自に行っておりますので、ICOP殿及び、
この内容についての問い合わせはなさらないでください。

TW-Linux Ver 2.0 (2005/10/31版) DownLoad
評価版は、CDイメージ(ISO)ファイルです。CD−Rを作成して、PCやDOM、CFにインストールするか
VMWare,バーチャルPCでお試しください。
インストール方法は、この資料を参照してください。
TW-Linuxの概要は、TW-Linuxについてを参照してください。
動作確認は、VPC、VMWare WS 5.0, ICOP 6015Hで行っています。
他のPC互換ボードでも動作すると思います。(ネットワークカードが標準的なもののみ)
ICOP-6015Hは使用しているASIX AX88796LがNE2000と完全に
互換ではありません。そのため、Linuxの標準のNE2000用
デバイスドライバーでは動作しません。
修正点は、
(1)MACアドレスをEEPROMから取得し、
   ASIX AX88796Lに設定する。
   これを行わないと、MACアドレスがすべてFFになって
   通信できません。
(2)受信割り込みの信号設定ビットの操作を変更する。
   ASIX AX88796Lでは、NE2000で使用されていないBITが
   使用されています。
   これを行わないと、割り込み信号のレベルが逆転して、
   受信が遅くなってしまいます。
弊社でビルドしたカーネルでは対応しました。
修正したソースコードは、ここからダウンロードして、カーネルの
driver/net/にある同名のファイルと入れ替えてビルドしてください。
line

Copyright (c) 1999-2009 TWISE Labo. Inc.
info@twise.co.jp